まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

八日咳

先々週の土曜、22日の飲み会でつい熱を入れてしゃべりすぎてしまい(その節はご迷惑をおかけしました→参加者のみなさま)、のどを痛めてしまった。

これがイソジンで何度もうがいをしても、小林製薬のどぬ〜るスプレーをビシビシ噴射しても、UHA味覚糖龍角散ののど飴を連続服用しても、ちっともよくならない。

日曜はのどが痛くてせきが出て、月曜(祝)はのどが痛くてせきが出て、火曜も水曜も木曜もあまりののどの痛みとせきのひどさに会社を休んでしまった。医者へ行った。のどを覗かれ「うわあすごい真っ赤ですね」とうらやましがられた。えっへん。

それにしてもしんどい。

風邪とは違って熱が出たりはしないのが救いだが、眠っていてもせきが出るから睡眠不足になり、見た夢を妙に詳しく覚えていたりして疲れが取れない。

集中力はふだんから足りてないのがもっと下がって「ふん、集中力たったの5か。ゴミめ」状態である。

なにかしゃべろうとするたびに激しくせき込んでしまい、なにをするにもつらくていけない。唯一むりやり前向きに考えるならば、せきのたびに腹筋を使うので24時間腹筋運動のギネスに意図せず挑戦中となり、Wii Fitいらずだとかそんな調子だ。

医者でもらった薬は今日のぶんまでなのに、相変わらずのどが痛くてせきが出る。困った。このままでは腹筋が割れて「屈」の字になってしまうかもしれない。腹筋が割れるのはいいけれど、よりによって「屈」の字かあ。いやそうじゃなくて。

自分の声の通らない性質が原因で、こんなにも腹筋がパックリ割れてしまいかねない事態になるとは予想外。NHKで今やってる「ちりとてちん」の総集編を見ている場合ではない。代わりに「どんど晴れ」で岩手山をもっとアピールするのだ。それにしても「ちりとてちん」には、「ちゅらさん」以来の続編が作られそうな風格を案じる。ような気がする。多分そんな気がする。気がするんじゃないかな。まちょっと覚悟はしておけ。