まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

LTP

『ポール・スローンのウミガメのスープ4』はAmazon以外でも購入できます

このところずっと、『ポール・スローンのウミガメのスープ4』(ISBN:9784767805702)のAmazonでの在庫状況が「出品者からお求めいただけます」(=Amazonに在庫なし)になっている。ウミガメのスープ4-借金をふみ倒せ-作者: ポール・スローン,デスマクヘール…

自転車駐車場(写真日記/写真日記街角)

この自転車をとても大事にしている人が、駐輪用に借りている…だったら面白い。3月27日、東京都現代美術館の近くで撮影。 追記 これはもしかして、簡単なLTP(ウミガメのスープ)になるかも。「この自転車がここに置かれる理由はなんだろう?」

「ウミガメのスープ」強化週間・その3

明日の朝、日テレ系の「ラジかるッ」にて、『ポール・スローンのウミガメのスープ4』が紹介されます(→d:id:manpukuya:20070313:LTP)。ライブドア裁判の判決が朝10時に出るため、放送はその報道特別番組のあとになります。ここでは、LTP紹介の特集として、…

「ウミガメのスープ」強化週間・その2

あさって金曜の朝、日テレ系の「ラジかるッ」で『ポール・スローンのウミガメのスープ(4)』が採り上げられます(→d:id:manpukuya:20070313:LTP)。そこでここでも、LTP紹介の特集をしています。たとえば、こんな問題はいかがでしょうか。 シリーズ第2弾『…

『ウミガメのスープ(4)』がテレビで採り上げられます

今週の金曜日(3月16日)朝の日テレ系「ラジかるッ」内、書籍ランキングのコーナーで『ポール・スローンのウミガメのスープ(4)』が紹介されます。ウミガメのスープ4-借金をふみ倒せ-作者: ポール・スローン,デスマクヘール,Paul Sloane,Des MacHale出版社/…

『ポール・スローンのウミガメのスープ4』発売されました

できました、「ウミガメのスープ」第4弾。私はこの本の編集を担当しました。今回はタイトルを「ポール・スローンのウミガメのスープ4」とし、「借金をふみ倒せ」を副題にしています。問題数は79問です。 【問題】「借金をふみ倒せ」 スミスはジョーンズから1…

身近なハイテク・水着の巻

最近の水着には、「水の抵抗を増やす」ことをうたっているものがある。水の抵抗をあえて増やすことで、実はかえって速く泳げるようになる…わけではない。これはつまり大リーグ養成ギブスであって、体を鍛える目的で水泳をする人のためのものだそうだ。水泳の…

『札束を焼く強盗』先行販売店追加情報

『ポール・スローンの札束を焼く強盗』(ISBN:4767805112)は来週から徐々に書店さんに並んでいきますが、いくつかの書店さんで先行販売を行っています。まず、d:id:manpukuya:20060306:umigame3でお知らせした丸善丸の内本店(レポートはd:id:manpukuya:200…

『ポール・スローンの札束を焼く強盗』先行販売の様子

丸の内オアゾにある丸善丸の内本店で始まった、『札束を焼く強盗』の先行販売の様子を見てきました。2階は写真のような感じです。前回好評だった、問題やヒントをばらばらに並べるPOPを今回も使っています。また、1階の入口を入ってすぐ右手の新刊台にも、既…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』の第3弾が出ます

『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)、『ポール・スローンの腕を送る男』(ISBN:4767804647)に続く、LTP本の第3弾ができあがりました。タイトルは『ポール・スローンの札束を焼く強盗』(ISBN:4767805112)です。私はこの本の編集を…

似てるような似てないような2つの話

LTP

「灯油の行商」(d:id:zaikabou:20060120#1137762867) 住宅街を回る灯油販売車は買うまで値段を教えてくれないのが普通。でもある日、「灯油は×円」と言いながら回る販売車が。その理由は? おそらく、あんまり相場が高くなりすぎたので、車を止めてから「ん…

『ポール・スローンの腕を送る男』(ISBN:4767804647)先行販売の様子

丸の内オアゾにある丸善本店、2階の様子です。ドでかいポスター、怒濤の平積み、手の込んだPOP。POPは、本の中からいくつかの問題とヒントを切り出したもの。見せたい情報が多いとき、こま切れにするのはうまいですね。それぞれが少し斜めになっているのも、…

【急告】『ポール・スローンの腕を送る男』先行販売、丸善丸の内本店も夕方から

今日から始まると昨日お知らせした『ポール・スローンの腕を送る男』の先行販売ですが、発売開始時間が一部変更になりました。丸善丸の内本店では午前中から販売する予定だったのですが、こちらに今日、タレントさんが急遽いらっしゃることになったそうで、2…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』の第2弾が出ます

ほぼ1年前に発売され、現在3刷とご好評をいただいている『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)の続編が出ます。私はこの本の編集を担当しました。タイトルは『ポール・スローンの腕を送る男』(ISBN:4767804647)。問題数は前回の81問…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』どーんと紹介

d:id:watto:20041212#p1さんが、『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)をドカーンと紹介してくださった。ありがとうございます。そして原著である『Challenging Lateral Thinking Puzzles』(ISBN:0806986719)も紹介されている。『ポ…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』、「本の雑誌」で紹介

12月8日発売の「本の雑誌」において、ゲームデザイナーの米光一成さんが『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)を紹介してくださっている。(またしてもありがとうございます)『推理クイズ道場ウミガメのスープ』(ISBN:490178448X)も…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』、「SPA!」で紹介

今日発売の「SPA!」11月9日号の107ページ(カラーのカルチャー関連ページ内)にて、ゲームデザイナーの米光一成さんが『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)を紹介してくださっている。(ありがとうございます)d:id:sakurasaka_y:2004…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』増刷決定

『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)はおかげさまで、増刷が決まりました。お買いあげくださった皆さん、ありがとうございました。ご感想などお聞かせいただければ幸いです。Amazonのステータスは現在「通常3〜4日以内に発送します。…

『ポール・スローンのウミガメのスープ』発売開始

私が編集を担当し、d:id:manpukuya:20041005#umigameでご案内させていただいた『ポール・スローンのウミガメのスープ』(ISBN:4767803322)ですが、無事10月20日に出荷されました。初版は刷り数を少なく見積もりすぎたようで、『電車男』ほどではないにせよ…

「ウミガメのスープ」の本が出ます

以前から何度か「ウミガメのスープ」というゲーム(Lateral Thinking Puzzle=LTP)について書いてきました(→関連記事をまとめ読み)。今回、LTPの本を多く書いているPaul Sloane氏の本を邦訳する形で、「ウミガメのスープ」の本を発売することになりました…

ウミガメのスープの源流、今までにわかったこと

「ウミガメのスープ」について、「人力検索サイトはてな」で質問をした。あれから(d:id:manpukuya:20031216#p1から)少しねばってみたが、残念ながら回答は増えなかった。LTPの大御所であるPaul Sloaneをして「都市伝説」ということならば、どうやら「作成…

探せ!ウミガメのスープの源流

「ウミガメのスープ」(「海亀のスープ」とも表記)については、ずいぶん以前に(d:id:manpukuya:20030313#p2の周辺で)話題になっていた。いったい誰が考えたもので、どういう経緯で広がっていったものなのか、個人的に少しずつ調べていたのだが、どうにも…

海亀のスープ的な事件

CNN.co.jpに掲載されたニュース、「岩にはさまれた手を自ら切断 コロラドの登山者」。コロラドで登山をしていた男性が、落ちてきた岩に右腕をはさまれて動けなくなった。3日後には水も切れた。5日後に決断し、自らの腕をナイフで切断、脱出し救助されたとい…

アザラシのスープをめぐって

じゃなかった。「海亀のスープをめぐって」である。「15分でFBI」という噂について。これを早く解ける人は、問題に出てくるような「自殺をするほど思いつめる」状況に至る原因について普段からよく考えている人である、そしてその特質こそがFBI向きだからス…

海亀のスープ

いくつかの「はてなダイアリー」の中で、「海亀のスープ」の話題が出ている。たとえばid:mutronixさんのところ。このゲームを初めて知ったのは数年前のことだ。想像力を働かせて、少しずつ少しずつ皮をはぐように真実を追求していき、真相にたどり着くまで数…