まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

もうすぐ出る文庫あれこれ

オンライン書店 本やタウン:文庫近刊情報」を見ていたら、「おっ、これが文庫になるのか」というのがけっこうあったので紹介。

発売日 タイトル 著者 レーベル ISBN
8月29日 リンダリンダラバーソール 大槻ケンヂ 新潮文庫 ISBN:4101429278
8月下旬 ブラック・ダリアの真実(上) ティーヴン・ホデル ハヤカワ文庫NF ISBN:4150503141
8月下旬 ブラック・ダリアの真実(下) ティーヴン・ホデル ハヤカワ文庫NF ISBN:415050315X
9月5日 グロテスク(上) 桐野夏生 文春文庫 ISBN:4167602091
9月5日 グロテスク(下) 桐野夏生 文春文庫 ISBN:4167602105
9月7日 サラマンダー殲滅(上) 梶尾真治 光文社文庫 ISBN:4334741223
9月7日 サラマンダー殲滅(下) 梶尾真治 光文社文庫 ISBN:4334741231
9月7日 夜のピクニック 恩田陸 新潮文庫 ISBN:4101234175
9月28日 オウエンのために祈りを(上) ジョン・アーヴィング 新潮文庫 ISBN:4102273107
9月28日 オウエンのために祈りを(下) ジョン・アーヴィング 新潮文庫 ISBN:4102273115
9月28日 東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録 NHK取材班 新潮文庫 ISBN:4101295514

ブラック・ダリアの真実』は、こんどジェイムズ・エルロイの「ブラック・ダリア」をブライアン・デ・パルマが映画化するので出るのだろう。

エルロイの小説はくせが強いので、初めて読む人は短編集の「ハリウッド・ノクターン」(ISBN:4167661187)がいいかも。

東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録』は、岩波書店から出ていた本(ISBN:400005872X)の文庫化。これは、もととなったNHKスペシャルを見たことがある。本当に恐ろしい内容だった。

通常、人が一年間に浴びる放射線量は世界平均で0.0024シーベルト(2.4ミリシーベルト)、第五福竜丸の船員が浴びた推定放射線量は最大で約6シーベルト。7シーベルト放射線を浴びると、100パーセントの人が死ぬとされている。

東海村の事故では、もっとも深刻なダメージを受けたJCO職員は、17シーベルトもの放射線を浴びたそうだ。

放射線を大量に浴びてDNAが深刻に破壊されると、新しい細胞を作ることができなくなる。皮がはがれても新しい皮膚は作られず、体液がどんどんしみ出すようになる。胃腸の内壁も再生されなくなり、便に混じってこれらの内臓が排泄されてしまう。医師や看護師は「いったい自分たちはなにをしているのか」「ここにあるものはいったいなんなのか」と考えながらも延命治療をしていく。といった内容。本も読もう。