まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

風雲児たち

幕末を描くために、いきなり「話は300年さかのぼる…」とやって関ヶ原から描き始める、大胆な大河マンガ。こうすることによって、幕末の各藩の行動原理や、人々のメンタリティなどがよくわかってくる。この2週間ほど、買っては読み買っては読みして、全20巻を読了。いや面白い。そして読みやすい。

最初のうちは「ひょうきん族」ネタが出ていたが、終わりのほうになると「ウゴウゴルーガ」ネタが出てきたりするのが、20年にわたる長寿連載の面白いところ。

ところが20巻を費やしても幕末を描ききることはできず、坂本龍馬が大人になる前に終わってしまう。これに続く「幕末編」は現在も連載中。次はこちらだ。