まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

【急告】『ポール・スローンの腕を送る男』先行販売、丸善丸の内本店も夕方から

今日から始まると昨日お知らせした『ポール・スローンの腕を送る男』の先行販売ですが、発売開始時間が一部変更になりました。

丸善丸の内本店では午前中から販売する予定だったのですが、こちらに今日、タレントさんが急遽いらっしゃることになったそうで、2階特設ワゴンでの展開は夕方からになってしまうとのことです。

もしすでにお越しいただいた方がいらしたら、まことに申し訳ありません。あと数時間お待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。

あいぽん貧乏

はてなのスタッフがアメリカでウハウハしている(=はてなアイデアの検討・実装とポイントの配当がきわめて不活発になっている)うちに、出資したいはてなアイデアがたくさん出てきてあいぽん貧乏になってしまった。そこへ追い打ちをかけるように、先ほどからはてなマップがまともに使えなくなる重篤な不具合が発生。報告のためにアイデアを登録しようとするも、悲しいことに登録時に出せたアイデアポイントはわずか20ポイントだった(→idea:6491)。そこへちょうどあいぽんを仕送りしてくれたid:adramineさんに後光を見ましたよ。ありがとうございます。

改めて思うに、不具合報告とポイント獲得ゲームを組み合わせるはてなアイデアのしくみには問題が多いと感じる。いざという時に備えてあいぽんを増やしておくのって、ずいぶん本末転倒だ。

「闘牌伝説アカギ」

カイジ」は既読だけれど「アカギ」は未読。

福本伸行の絵がちゃんと動いている。それがまず驚き。あのアゴが突き出た横顔から振り向くカットも不自然に見えない。人間の知覚ってすごく柔軟なんだな。いや、さすがマッドハウスということか。

大きな衝撃を受けて目まいがする時、目の端がぐにゅぐにゅする効果もちゃんと再現されていた。

効果音として「ざわ…」を出せないのはハンデかもしれないけれど、ジョジョも「ゴゴゴゴゴゴ」なしでアニメになってるからたぶん大丈夫でしょう。

Gmailのスパムフィルタを個人メールの受信に活用

[画像:Gmail]今や自分の個人メールアドレスには、スパムが毎日数十通ほど届いている。一度の受信で、スパムが8割から9割といった状態である。

使っているプロバイダ(DTI)のスパムフィルタはとてもプアで、スパムと判断する条件をユーザーが各自で設定する方式である。ここで紹介するGmailや、Yahoo! メールなどでは、スパムを申告すると、ほかのユーザーからの申告も勘案して、スパムと判断する条件を自動的に調整してくれる。しかしそういったサービスはDTIにはない。しかもDTIのスパムフィルタは、メールの内容での条件付けができない。メールの本文に特定の言葉やURLを含むメールをスパム扱いする、といった使い方すらできず、まったく実用的でない。

いま使っているメールソフト「秀丸メール」のスパムフィルタはなかなか頭がよく、受信したスパムを高精度に振り分けてくれる。受信トレイにたまるスパムをいちいち削除する手間が少なく、メール運用についてはそこが救いではある。

それでも不満なのは、いったんはメールサーバーから、スパムも含めて全部受信しなければならないことだ。つまり、郵便ポストに入ったチラシと必要な郵便物を分けるために、投函物をいったんポストから全部出さなければならないのである。これは特に、外出先でPHSでネットにつないでいる時に不便になる。必要なわずかなメールのために、何分間もかけてスパムも一緒に受信しなければならない。

そこで試験的に、DTIに届いたメールを全部Gmailのアカウントにも転送してみている。スパムも含めてたくさん届くメールをGmailにどんどん通してみて、「見せてもらおうか、Gmailのスパムフィルタの性能とやらを!」ということである。

なぜこうするかというと、Gmailに届いたメールはメールソフトでも受信できるからだ。Gmailのスパムフィルタの精度が高いなら、メールをプロバイダからではなくGmailから受信するよう変更すれば、スパムではないメールだけを効率よく受け取れるようになる。外出先の、細い回線でのメール受信にも重宝するだろう。

また、個人宛のメールを携帯電話や会社などへ一括転送する場合に、Gmailのスパムフィルタを通したメールだけを転送するよう設定してもよい。

(本当は、DTIがまともなフィルタを用意してくれれば一番いいんですが)

Gmailで、スパムフィルタを通してメールを転送するための設定

BananaBlog: Gmailをスパムフィルタとして活用してみる」にあるように設定すればよい(ありがとうございます)。先方の記事は英語表示時の説明で、日本語ではこうなります:

  1. [ウェブを検索]ボタンの右下にある、「フィルタを作成」をクリック
  2. [キーワード]欄に「-in:spam」と入力、[次のステップ >>]ボタンをクリック
  3. 警告ダイアログボックスにかまわず[OK]ボタンをクリック(警告の内容は「警告: "label:"、"in:"、"is:" などの条件は受信メールには対応しないため、フィルタ条件に設定しないようお願いします。次のステップに進みますか?」)
  4. 「操作の選択」画面が表示される。「次のアドレスに転送」のチェックボックスをチェック([ ]→[レ])して、「メール アドレス」と表示されている入力欄を転送先のメールアドレスに置き換える
  5. [フィルタを作成]ボタンをクリック

Gmailでは、単に「とりあえず全部転送」の設定をした場合、スパム判定されたメールは除外して転送されるとのご指摘をいただきました(→ブックマークのコメントへ。ありがとうございます)。なので、メールの振り分け機能(「フィルタ」)を使わなくても単に「メール転送」を設定すればよいことになります。手順は以下の通りです。

  1. Gmailのページ最上部右側にある「設定」リンクをクリック
  2. 「メール設定」ページが表示される。「メール転送とPOP設定」をクリック
  3. 「転送:」欄の「受信メールを次のアドレスに転送」のラジオボタンをチェック(( )→(●))。その下の「メール アドレス」に、転送したいメールアドレスを入力
  4. 「and」以下の設定は各自のお好みで。[コピーを受信トレイに保存]にしておくのが無難かも
  5. [変更を保存]ボタンをクリック

これで、Gmailへ届いたメールのうち、スパム判定されなかったメールのみが指定したメールアドレスへ転送されます。

関連記事

Gmailの概要を紹介する記事
キャリア・ラボ|IT・PC|PCまめ知識-SIDE B〜『ギガメール』の代名詞とも言われる『Gmail(ジーメール)』その魅力と可能性を探る
Gmailのトピックスを専門に扱うサイト
Gmail Maniacs - Gmail関連そっと情報サイト
便利そうな各種ツールの紹介
☆ぶにろぐ☆: gmail関連まとめ
Gmail を使う上で知っておいたほうがよいTIPSや注意点など」
Openmya Hiki - Gmail Hacks」(日本語の検索など、今は仕様が変わっているものもあるみたい)
Gmailから出すメールの「From:」を任意のメールアドレスにする方法
Ogawa::Memoranda: Gmailで別のメールアドレスからメールを送る方法
メールの検索やフィルタの条件式に使える演算子の説明(公式)
Gmail: ヘルプ センター〜『詳細検索を行うにはどうすればよいですか。』

さらにディープな情報が出てくるかも

人力検索はてなの質問「GMailのちょっと違う使い方(利用法)を教えてください。」
question:1128489917
はてなブックマークの注目エントリのうち、「Gmail」を含むもの
http://b.hatena.ne.jp/keyword/Gmail?sort=hot