まんぷく::日記

2003年から2007年までのはてなダイアリーをはてなブログに移設したものです。現在はhttp://ima.hatenablog.jp/を更新中

『昭和のロケット屋さん』全国発売されました

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

予定より少し遅れてしまいましたが、やっと全国の書店さんで買えるようになりました。

貴重な記録映像のDVDもついていて、なかなか楽しめる本になったと思います。ぜひよろしくどうぞ。また、読んだ方の感想もお聞かせください(ブログ検索などでこちらからチェックしています)。

関連記事

『昭和のロケット屋さん』書影を用意しました

[画像:『昭和のロケット屋さん』書影]いつものように、作った本の書影の画像を作りました。(とかいって、今回人から聞かれるまですっかり忘れていた自分)


リンク先の画像は、『昭和のロケット屋さん』(ISBN:9784767805221)を宣伝する目的に限り、ご自由にどうぞご利用ください。

さらに高解像度の画像をご所望の場合などは、お手数ですがエクスナレッジ書籍編集部の今村までご連絡ください。

『昭和のロケット屋さん〜ロケットまつり@ロフトプラスワン』は、12月19日から順次、全国の書店さんで発売されます。

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

ロケットとプラネタリウム

[写真:阿佐ヶ谷ロケットまつり]先週末の阿佐ヶ谷ロフトでの「ロケットまつり」で、プラネタリウムメガスター」の大平貴之さんがむかしロケットを自作していた話が出ました。

このあたり、ご興味のある方はこちらをどうぞ。

大平さんは趣味をプラネタリウム作りに絞る前、いろいろなものを作っていました。ロケットやプラネタリウムといったモノだけでなく、短編アニメーションを自主制作したりもしていた多才な方です。

そのあたりも含めた「たった一人のモノ作り半生記」で、大平さんの情熱にふれてみてください。

『昭和のロケット屋さん』発売は12月19日

『昭和のロケット屋さん』の書店での発売が少し延びます

前回の「ロケットまつり」でもお話をさせていただいたように、『ロケット屋さん』の見本(先行販売分)は付録のDVDが本から少しはみ出していました。

これを解消する作業を行ったため、『昭和のロケット屋さん』(ISBN:9784767805221)の書店での発売は当初の予定より約10日遅れ、12月19日から順次店頭に並ぶということになりました。

楽しみにしていただいている方には本当に申し訳ありません。もう少々お待ちください。

明日は阿佐ヶ谷で『昭和のロケット屋さん』即売

ということで、明日の夜は阿佐ヶ谷で「ロケットまつり」です。

もちろん『昭和のロケット屋さん』の即売も行います。よろしくお願いいたします。

『昭和のロケット屋さん』言及ブログ一覧

Yahoo! Pipes」で作ってみました。

  1. グーグル、ヤフー、テクノラティライブドアのブログ検索から「昭和のロケット屋さん」を検索
  2. 検索結果のRSSを取得
  3. 共通するURLを統合
  4. スパムブログと判断したブログのURLを除去

という処理を行っています。処理結果のRSSも取得できます。

どうぞご利用ください。

ところでYahoo! Pipes、面白いですね。処理の作り方は直感的でわかりやすく、「とりあえず使ってみよう」でなんとかなる感じです。

ほぼ同じことをできる日本語サービスに「MyRemix[↑B]があります。ただこちら処理が正しく保存されず、まだまだ開発中という感じでした。

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

「ロケットまつり」本、ありがとうございました

[写真:「カールビンソン」フィギュア]夕べの「ロケットまつり20」で、やっと皆さんに「ロケットまつり」本をお届けすることができました。

『昭和のロケット屋さん』(ISBN:9784767805221)は本当にたくさんの方にお買い上げいただきました。まことにありがとうございます。ぜひ感想をお聞かせ下さい。

また、会場でお知らせした、「間違いがあったら教えてください」はこちらです。

ご報告は、「勝手に正誤表!」グループのわたしの日記(g:errata:id:manpukuya:20071130:p1)のコメント欄などをご利用下さい。

『昭和のロケット屋さん』は、12月8日の阿佐ヶ谷ロフト「A」でも即売いたします。

引き続き、よろしくお願いいたします。

写真は、あさりよしとおさんが会場へ持参していた「宇宙家族カールビンソン」のフィギュア。

エクセレントモデルA.I.シリーズ 宇宙家族カールビンソン おとうさん&コロナちゃん

エクセレントモデルA.I.シリーズ 宇宙家族カールビンソン おとうさん&コロナちゃん

『昭和のロケット屋さん』見本出来

[写真:『昭和のロケット屋さん』見本]『昭和のロケット屋さん〜ロケットまつり@ロフトプラスワン』(ISBN:9784767805221)の見本ができてきました。明日と12月8日の「ロケットまつり」で先行販売します。

ついにここまできました。みなさんありがとうございます。

明日の即売用には、予定より多めの冊数を確保できました。おそらくご来場の皆さん全員がお買い上げいただけると思います。

よろしくお願いいたします。

『昭和のロケット屋さん』いきなり間違い発見

[写真:『昭和のロケット屋さん』刷り出し]写真は「刷り出し」といって、印刷が終わった段階の中身です。本は16ページをひと折(おり)として印刷されます。この本は全部で15折、つまり16×15=240ページあります。

これを1冊ぶんずつ、表紙などの紙と一緒に製本していき、そのあと付録のDVDやカバー、帯などをつけていきます。

刷り出しは、印刷所さんが「こんなふうに刷れました」ということで製本前に持ってきてくれます。「こんなふうに刷ります」ではないところがポイントです。本の中身はもう、印刷部数のぶんだけ刷ってあるのです。なお本番の印刷の前には、「こんなふうに刷ります」をチェックするための「青焼き」または「白焼き」という工程もあります。

刷り出しが出た段階でもう本当に重大なミス、この本がこのまま流通してしまったら世界の終わりじゃあ〜! というミスが見つかれば、全部印刷し直すこともあります。そうなればもちろん、印刷費が余計にかかります。世界が終わるほどのミスとはたとえば一般的には、奥付の表記が間違っているなどがあります。

一方、世界が終わらない程度の軽微なミスが見つかることがあります。

刷り直しの印刷費で世界が終わっちゃうか、このまま流通して世界が終わっちゃうかを天秤にかけて、世界にとってよりよい選択を行うのです。

見つかったけれどそのまま通したミスは増刷時に、深刻なものから優先して修正していきます。うーんこれは間違いといえば間違いといえなくもないけれど、全部直すと大変だ(=費用がかさむ)というときはスルーしちゃうこともあります。

言い訳がましい話が長くなりましたが、つまり『昭和のロケット屋さん』(ISBN:9784767805221)の刷り出しを見ていたらもう間違いを見つけちゃったんです。うぐー。本になる前にもう間違いが見つかってしまうとは。

印刷し直すクラスの致命的なミスではないのがまだ救いですが、間違いは間違い。来たるべき増刷の日に向けて、修正したいところを記録しておきましょう。

そんなときのための「勝手に正誤表!」グループ(g:errata)です。

『昭和のロケット屋さん』の正誤表も、さっそく追加しておきました。えっへん(じゃないって)。

関連記事

『昭和のロケット屋さん』の先行発売、購入特典